ホームへ戻る > 森の案内 > ゐなの花野

森の案内

ゐなの花野

ゐなの花野外観

万葉の時代には、伊丹から尼崎にかけての台地を「猪名野」、尼崎の海を「ちぬの海」と呼んでいました。万葉集に詠まれたような日本に昔からある野草を楽しめる場所です。

六甲山から瀬戸内海にかけて生育している四季折々の野草があるエリアです。山、野、海の3つのゾーンに分かれ、各ゾーンに生育する野草や樹木を楽しめます。

春 ウマノアシガタ

夏 ハマゴウ

秋 ヒガンバナ

冬 ツワブキ

このページの先頭へ