最新情報

ホームへ戻る

2018年12月1日
[お知らせ] 星空観察会「火星やペガススを観ました!」
星の講話
講師先生から
火星をみんなで観望中!
内容
 12月1日〔土〕午後5時〜7時、星空観望会を行いました。20名の参加の下、☆の話と実物体験をしました。12月1日に見える星座や星、ペガスス座とアンドロメダ座、星座の生い立ち、恒星・惑星・衛星の違い、宇宙と太陽系、光年の距離と時間のすごさ、星の色の違いと寿命などいろいろなお話を聞きました。
 後半、気持ちも高まったところで、森の遊び場に集まり、天を見上げました。火星が南天の高いところに大きく見えました。全員、望遠鏡をのぞきました。「火星はオレンジ色、本物が観れてよかった」と子どもたちの声があがりました。ペガスス座、アンドロメダ座、カシオペア座、北極星、天頂近くには、まだ夏の大三角、わし座〔アルタイル〕、はくちょう座〔デネブ〕、こと座〔ベガ〕、天の川も観望できました。
 人工衛星や飛行機も空を動いていました。太陽の光があたった人工衛星は、意外と速くスー・・・とという感じで天空を動いていました。恒星や飛行機の動きとは違って、はじめて観た方は「人工衛星がこんなにたくさん観られてびっくりしました」と話されていました。
 晩秋のひととき、天空の発見と不思議さにふれる時間となりました。参加者の皆様、ご苦労様でした。そして、ありがとうございました。
← 1つ前に戻る  
11月 2018年12月 1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31