最新情報

ホームへ戻る

2018年12月24日
[お知らせ] 里山の文化・技術の伝承=「しめ縄づくり」=を開催!
本日:しめ縄づくり
しめ縄づくりの手本を受けています!
完成 記念の1枚です!
内容
 12月24日〔月〕、ひとくらクラブ主催の「しめ縄づくり」が行われました。講師先生の指導の下、「ごんぼ」飾りというしめ縄づくりに挑戦されました。
 少し紹介します。
 1.一人分の藁をあらかじめ用意します。2.藁の先端をそろえ、藁束の真ん中を紐で縛ります。3.アンコを3個つくります。4.てんころ又は手で編みやすいように藁を柔らかくします。5.藁束を3等分し、内1束を腰下に敷き、残り2束にアンコを詰め、時計回りの反対に撚ります。先端部分は先をとがらせます。・・・まだまだ続きます。
 参加者の皆さんは、車座になって順序よく仕上げておられました。
 しめ縄の仕上げとして、ウラジロ・紙垂〔しで〕・ユズリハ・ダイダイの順に飾り付け、最後の締めとして水引でダイダイを引き締めます。ウラジロや紙垂を用いる意味、しめ縄やしめ飾りの由来や意味を知っていると正月を迎える意義や新年への思いなども深まるかも知れません。
 皆さん、とても上手に完成されました。最後は、全員で記念写真を撮って終了!
← 1つ前に戻る  
2月 2019年3月 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31