最新情報

ホームへ戻る

2019年06月11日
[お知らせ] 黒川の伝統文化「ちまき」づくり開催
合同クラブイベント
体験中!
「ちまき」完成!
内容
 6月8日〔土〕、10:00〜14:30、一庫公園ワークショップルームで「ちまき」づくりを開催しました。旧の端午の節句に合わせて、家族やグループで「ちまき」づくりに参加されました。
 一般的な「ちまき」はササで包みますが、黒川の「ちまき」の特徴は、今では大変珍しいナラガシワの葉を使って作るところにあります。今では、ナラガシワとヨシを使って「ちまき」を作っているのは、武庫川中流域と猪名川上流域の北摂里山地域のみです。
 モチの材料はうるち米で、これを米粉にし、食塩を入れ、モチをつきます。ついたモチを長さ約6〜7cm、直径3cm程の俵型にし、ヨシの茎の部分で刺します。ナラガシワの葉と川に生えているヨシの葉でモチを巻き、田畑で群生するイグサで縛って1本が完成します。10本1束にして、蒸し器で蒸しながらくるんだ葉で香りづけを行います。〔黒川の今昔〕から
 興味津々の楽しい「ちまき」づくりのイベントとなりました。
 ご指導・支援いただいたきららの森のキッチン、森のクラブ、森遊工房の合同クラブの皆さん、ありがとうございました。そして、参加者の皆さん、端午の節句のよき思い出ができたことと思います。ご苦労様でした。
← 1つ前に戻る  
5月 2019年6月 7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30